LABELレーベル事業

CATEGORY

ARCHIVES

NOT RECORD
BUT MEMORY

記録では無く、記憶

「耳と心」、時代を超えて人々の「記憶」として残る、良質な音楽を企画・制作するレーベル事業。

LINE OF BUSINESS

2017

07.15

「HONEY meets ISLAND CAFE -Sea Of Love 2-」7月19日(水)発売!

IMWCD-1066 SeaofLove2_H1

海を愛するシンガー、ミュージシャンが“海への感謝と愛”を込めて集結!

最高のビーチライフをこの音楽とともに。

「HONEY」プロデュースの鎌倉・材木座のサーフクラブ「ZAIMOKU THE TERRACE」オープン1周年を記念して、「HONEY meets ISLAND CAFE」の国内アーティストのコンピレーション「-Sea Of Love 2-」が7月19日に発売!

参加アーティストは、海を感じる音楽を奏でる総勢15組のアーティスト達。
GREENROOM、フジロック他フェスに引っ張りだこの新世代のサーフ感覚溢れるシンガーMichael Kanekoと、ハワイのグラミー賞「ナ・ホク・ハノハノ・アワード」を受賞したウクレレ・プレイヤー名渡山遼とのコラボレーションによるイーグルス「Best Of My Love」のアコースティック・カバーはこのアルバムでしか聴けないスペシャル・トラック。

ロキシー・ガールでもあるサーフ系シンガーLisa Halimによるスピッツの名曲「渚」のアコースティック・カバーもこのアルバムのために録り下した極上のエクスクルーシブ音源。

日本のサーフ系J-POPのレジェンド杏里の名作「砂浜」のセルフカバーバージョン、世界的にも評価の高いJazzシンガーEmi Meyer、HONEYシンガーオーディションのウィナーFurukawa Sarahなど、海を感じる女性アーティスト作品も充実。

そして90年代を代表するシンガーbirdの傑作「約束」、Port Of Notesのアコースティック・ソウル「Sailing To Your Love」、さらに今回はLotus Land、BLU-SWING、13soulsなど新世代の実力派クラブ/ジャズ系アーティストの作品や、Kenichiro Nishihara、Ovall、vusik、Drian feat.G Rinaといった感度の高い新世代アーティストの音源、メジャーデビューも果たした石垣島出身のトレモノの最新音源もセレクト。
J-POP、アコースティック、サーフ、ジャズ、ソウル、エレクトロニカなど、様々なジャンルのアーティストが「海」をキーワードに心地よく同居する至極の一枚です。

タイトル:HONEY meets ISLAND CAFE -Sea Of Love 2-
一般発売日:2017年7月19日
税込価格:2,000円
形態:CD、配信
収録曲数:15曲

amazon_Logo

01. Best Of My Love (Original by Eagles) / Michael Kaneko & 名渡山遼
02. 渚(original by Spitz)/ Lisa Halim
03. live in love / Furukawa Sarah
04. Room Blue / Emi Meyer
05. 波打ち際のメロディ / トレモノ
06. BRAND NEW OCEANS / 13souls
07. Bamboo Grass / Lotus Land
08. Dawn / Ovall
09. Yellow Summer / Kenichiro Nishihara
10. squall / vusik
11. Sailing To Your Love / Port Of Notes
12. 約束 / bird
13. Sunset / BLU-SWING
14. Natsu no Owari / Dorian feat. G. Rina
15. 砂浜 / 杏里

 

ZAIMOKU THE TERRACE

ZAIMOKU THE TERRACE
HONEYプロデュースで2016年7月にオープンした「材木座テラス」。“1日中ビーチライフを楽しめる空間”のコンセプト通り、アクティビティからショッピング、グルメ、パーティ、ビーチウェディングで人気のスポットに。
昨年のオープンを記念して発売し、大好評のCD「HONEY meets ISLAND CAFÉ -Sea Of Love-」に続いてのファースト・アニバーサリーを記念した作品、それが「HONEY meets ISLAND CAFE -Sea Of Love 2-」です。


 

MichaelKaneko RyoNatoyama

Michael Kaneko & 名渡山遼
湘南生まれ、南カリフォルニア育ちで作詞・作曲・編曲・歌・演奏まで全てをこなすシンガーソングライターMichael Kanekoと、ハワイのグラミー賞「ナ・ホク・ハノハノ・アワード」を受賞したウクレレ・プレイヤー名渡山遼が初のコラボレーション!
GREENROOM、フジロック他フェスに引っ張りだこの新世代のサーフ感覚溢れるMichael Kanekoの歌声と新世代ウクレレを奏でる名渡山遼によるイーグルス「Best Of My Love」のアコースティック・カバーはこのアルバムでしか聴けない必聴のスペシャル・トラック。
Michael Kanko http://michaelkaneko.com/
名渡山遼 http://ryonatoyama.com/


 

Lisa Halim_2016

Lisa Halim
インドネシア人の父と日本人の母を持つシンガーソングライター。
昨年発売の「HONEY meets ISLAND CAFÉ -Sea Of Love-」でもジョニ・ミッチェル「Big Yellow Taxi」の極上のカバーを披露してくれた彼女が、スピッツの名曲「渚」をアコースティック・カバー。
ビーチカルチャーを愛するアクティブなライフスタイルにも注目が集まっている。

http://www.lisahalim.net/


 

FurukawaSarah_photoFurukawa Sarah
2017年「HONEY」のアーティストオーディションを見事勝ち抜きウィナーとなり、「HONEY meets ISLAND CAFE –Best Surf Trip 3-」に新録音「Sunday Morning」のアコースティックカバーで参加したシンガーソングライター。今回は彼女のミニアルバムから海を感じる「Live in love」を収録。アコースティックサウンドがよく似合うキュートかつアーシーな歌声と、生活の一部を切り取ったかのような抒情的な歌詞が独自の世界観に引き寄せる魅力を持つ。
http://www.sarah-music.jp/


 

EmiMeyerAshaEmi Meyer
日米を拠点にその活躍がワールドワイドに及ぶシンガー・ソングライターEmi Meyerの、iTunes Jazzチャートの1位にも輝いたデビューアルバム「キュリアス・クリーチャー」から「Room Blue」をセレクト。
第1弾「HONEY meets ISLAND CAFE -Sea Of Love-」に続いての収録。
http://emimeyer.jp/


 

OvallOvall(オーバル)
トラックメーカー/ ベーシストShingo Suzuki によるバンドプロジェクト。同じくトラックメーカーとしても話題のドラマーmabanua、“vusik” としても活動するギタリスト 関口シンゴという3 人のプレイヤーを中心に活動。
サンプリングと生演奏のシームレスな融合で織り成す野太いグルーヴにカラフルなサウンドスパイスがブレンドされ浮かび上がるユニークな音像は聴く者を別次元へと誘う。緊張感とピースフルな空気が共存するパフォーマンスでFUJI ROCK、GREEN ROOM、SUN SET LIVE、RINSING SUN他、フェスでの圧倒的な存在感も示した。現在はメンバー個々のソロ活動に集中するため活動休止中だがその復活を待たれている。
http://ovall.net/


 

Anri杏里 anri
「海」を感じるアーティストの代表と言えば杏里。「HONEY」読者もそうじゃない人も夏の音楽と言えば思う浮かべるのがまず彼女だろう。今回はZAIMOKU THE TERRACEのアニバーサリー記念ということで、特別に彼女の音源を提供してくれた。ファンの間でも人気の高い名曲「砂浜」のセルフカバーバージョンを収録。
7月12日には初のスタジオライブアルバム「FUN TIME」が発売された。

http://anri-music.com/


 

shingosekiguchi_vusikvusik
ギタリスト、コンポーザー、プロデューサー関口シンゴによるソロプロジェクトvusik。
ジャズ、ソウル、ロック、ポップスなどを独自のセンスで解釈した音作りが世界中から賞賛される彼のソロプロジェクトのアルバム「silent rain, silent sea」から、クールかつどこか懐かしいジャジーなインストナンバー「squall」をセレクト。夏の海と突然の心地よい雨が連想される秀逸なトラック。
関口シンゴ   http://shingosekiguchi.com/


 

toremono

トレモノ
2009 年結成。石垣島出身の木田龍良(Vo&Gt / 30 歳)、狩俣匠吾(Dr / 30 歳)、仲間全慶(Ba / 27 歳) と、西表島出身の難波良(Gt / 33 歳) の4人による。ソウル・ファンク・レゲエ・ラテン・サーフと様々なジャンルを、南国育ちの感性でチャンプルーしたトロピカルなサウンドが特徴なアイランド・ポップバンド。
昨年に続いての収録曲は、7月5日にリリースされたメジャーデビューアルバム「island island」からのセレクト。夏の海にぴったりのミディアムチューン。
http://toremono.com


 

bird

bird
グルーヴィな歌声と独創性に満ちた楽曲で、ジャンルを選ばず音楽ファンを魅了するシンガー&ソング・ライター。大沢伸一/MONDO GROSSO主宰レーベルより「SOULS」で1999年デビュー、1stアルバム「bird」は70万枚突破した。伸びやかな歌声を武器に、ジャンルの垣根を越えて活躍するその姿勢は、ライブも含め音楽ファンから高い評価を得ている。現在ジャンル関係なく各種野外FES、イベントに出演中。昨年発売の「HONEY meets ISLAND CAFE -Sea Of Love -」ではタイトル曲も新たにレコーディングして参加した。
http://www.bird-watch.net/


 

BLU-SWING
サウンドクリエーター、ボーカリスト、プレイヤーを含む5人組のバンドBLU-SWINGは、2008年のデビュー以来、クラブ/ジャズシーンのトップを走り続けるバンドである。CLUBJAZZ、CITY POP、HIP-HOPなどジャンルを超えた極上のサウンドをグローバルに届けている。
http://blu-swing.com/home.html


Lotus Land
2013年結成。Key / Ba / Drの3人編成よるインストバンド。Nu Disco / Nu Jazz / House / Funkなど様々なジャンルのエッセンスを取り入れ独自のサウンドに昇華するサウンドスタイルで多くのサウンドフリークを魅了し、インストゥルメンタルの可能性を押し上げるポテンシャルを秘めたバンドである。2017年9月にはメジャーデビューも控えている。
http://lotusland-discopia.com/


Kenichiro Nishihara 
2008年にリリースした1stアルバム『Humming Jazz』が、異例のヒットを記録。
Billboard JAPAN Jazz Artist of the Year 2009/優秀ジャズアーティスト賞にノミネートされる等、一躍シーンの中心に登場したKenichiro Nishihara。
その作品と活動は日本のみならず、海外でも高い評価を得ている。ダンスミュージック、JAZZ、Hip Hopの次世代をクリエイトする最重要アーティストの、「Yellow Summer」をセレクト。
http://unprivate.jp/archives/kenichiro-nishihara


Dorian feat G.Rina
オールインワン・グルーヴマシンを駆使したライヴ、アーバン・ダンス・ミュージックで支持を集めるアーティストDrian。これまで3枚のオリジナルアルバムの発表。近年はDorian Quiet Sessionとして複数人でのライブやDJ、浅野達彦とのライブや藤井洋平のサポートキーボードなど形態も様々。
七尾旅人、やけのはら、TOWA TEI、一十三十一、VIDEOTAPEMUSIC、ZEN-LA-ROCKらの作品への参加や様々なアーティストのリミックスや楽曲提供、TVCM、など多数手がけている。
今作には2010年発売のアルバム「Melodies Memories」からG.RINAとのコラボレーションをチョイス。
http://1fct.net/artists/dorian#!HOME


Port Of Notes
畠山美由紀(ヴォーカル)と小島大介(ギター)のユニットPort Of Notes。90~2000年代の高感度な音楽シーンを文字通りリードしたユニットの、birdをフィーチャーした海を感じる名作「Sailing To Your love」をセレクト。


HONEY  http://honey-mag.jp/


2017

07.12

「HONEY meets ISLAND CAFE -California Love-」7月12日(水)発売!

IMWCD1065_H1

海を愛するすべての人たちへ
ビーチライフ・ミュージックのNo.1ブランド「HONEY meets ISLAND CAFE」最新作「California Love」が7月12日に発売!
「HONEY」最新号のカリフォルニア特集にもリンクした、サーフ、アコースティック、インディーロック・ダンスまで、カリフォルニアの空気を感じられる1枚!

高感度なカフェ、アパレルショップ等でヘビープレイされ、近年大注目のカリフォルニアのシンガー「Angela Moyra / Nothing Lasts」のこのアルバムのためにレコーディングしたアコースティック・バージョン。今年のフジロックにも出演、甘美なメロディとシャーデーを彷彿させるヴォーカルが大注目のRyhe(ライ)。Blue Note Jazz Festival in JAPAN 2017にも出演するカリフォルニアのネオソウル・バンドMoon Child。2000年代の元祖サーフ系アーティストTommy Guerrero。近年のカリフォルニアの音楽シーンを代表するサンディエゴ出身のジャズ・ユニットThe Mattson 2、プロ・スケーターでもあるRay Barbee、そしてBing Ji Lingらによるネオ・カリフォルニアサウンド。さらに今やカリフォルニアを代表する女性シンガーとなったColbie Callaitの日本未発売のニューアルバムからのトラックなど、“今”のカリフォルニアの空気を感じられる内容!

タイトル:HONEY meets ISLAND CAFE -California Love-
一般発売日:2017年7月12日
税込価格:2,000円
形態:CD、配信
特典:初回盤のみ、HONEYプロデュースによるCDサイズのカリフォルニアフォト・ポストカード封入!
収録曲数:14曲

amazon_Logo

<収録曲>
01. California / Mindy Gledhill
02. Sunshine Love / Bing Ji Ling
03. I Would Go With You / Tommy Guerrero
04. You Can Feel It / Young Gun Silver Fox
05. Let’s Preservere / Ray Barbee
06. Runnin / Colbie Caillait
07. Lemonade (Ukulele Version) / Jeremy Passion
08. Nothing Lasts (Acoustic Ver.) / Angela Moyra
09. Rained Out / BLKTOP PROJECT
10. Back Down To The Earth / Michelle Shaprow
11. 3 Days / Rhye
12. See / Tycho
13. Ode To Lou / The Mattson 2
14. All The Joy / MoonChild

 

初回盤のみ、HONEYプロデュースによるCDサイズのカリフォルニアフォト・ポストカード封入!

postcard1 postcard2


 

Angela Moyra

Angela Moyra

サンフランシスコ出身のサーフ感覚溢れるオーガニックなシンガーソングライター。
2014年発表のアルバム「Fickle Island」が日本でも話題となり、収録曲の「Nothing Lasts」は高感度なアパレルショップやカフェのBGMとしてでヘビープレイされて注目を浴びている。今回はその「Nothing Lasts」をこのアルバムのためにレコーディングしたアコースティック・バージョンを収録。

 


 

rhye

Rhye

カナダ出身のマイク・ミロシュ(Micheal Milosh, ボーカル ) と デンマーク出身のロビン・ハンニバル( Robin Hannibal, 楽器演奏)の2人で構成されたデュオ、Rhye(ライ)。2013年発表のアルバム「Woman」で脚光を浴びた。2017年はフジロックフェスティバルにも出演、甘美なメロディとシャーデーを彷彿させるヴォーカルが大注目のユニット。

 


 

artist_moonchild

Moon Child

Blue Note Jazz Festival in JAPAN 2017にも出演するカリフォルニアのネオソウル・バンドMoon Child。スティービー・ワンダーも称賛するメロウで心地良いビートがカリフォルニアの大自然を彷彿させる。

 

 


 

 

MindyGledhill

Mindy Gledhill
カリフォルニア出身のシンガーソングライターMindy Gledhillの代表作「California」。カリフォルニアのインディー・アコースティックらしい乾いた明るいポップスが日本でもスマッシュヒットを記録した。

 

 


 

BingJiLing

Bing Ji Ling
Tommy Guerreroのバックバンドで知られるギタリストでありシンガーソングライターでもあるBing Ji Ling。アコースティックでソウルフルな彼の魅力が最も感じられるアルバム「Shadow to Shine」から収録。

 

 


 

The mattson2

The Mattson 2
Ray Barbee、Tommy Guerrero、Money Markなどカリフォルニアのキーとなるアーティストとの交流も深いサンディエゴ出身の双子のジャズ・ユニットThe Mattson 2。体温を感じながらもクールに徹する演奏が心地よい「Ode To Lou」をセレクト。

 

 

 

 


Tommy Guerrero
言わずと知れたサンフランシスコ出身のスケートボーダー、ミュージシャン。90~2000年代以降のカリフォルニアのカルチャーを最も体現するアーティストである。今作には2008年「Return of the Bastard」からの音源をチョイス。


Colbie Caillait
カリフォルニア出身のシンガーソングライターColbie Callaitはグラミーも受賞した、今やカリフォルニアの音楽シーンを代表する女性アーティスト。HONEY meets ISLAND CAFE の過去作品でもオリジナル、カバー含めて収録済だが今回は日本では未発売の最新アルバム「The Malibu Sessions」から爽やかなトラックを収録。
HONEY  http://honey-mag.jp/

 


2017

06.28

沖縄三大みやげ!泡盛、黒糖、DJ SASA! 沖縄の「おみやげCD」ナンバーワンシリーズ「琉球ドライビング」第5弾、6月28日発売!

ryukyudriving5 go
J-POP、島唄を沖縄テイストでカバーする沖縄ドライブミュージックのマイスター“DJ SASA”のカバー・ノンストップ・ミックス最新作!第5弾の今作は最新のJ-POPヒットのカバーに加え、「沖縄アンセム」を中心とした音源のリミックスも大胆に敢行した、琉球ドライビング・ベスト的な内容!

J-POPからは、いきものがかり「じょいふる」、AUのCMソングで話題になったAIの「オクラホマ・ミキサー」のカバー「みんながみんな英雄」、今年突然の復活を果たして話題をさらった小沢健二の代表曲「ラブリー」、NMB48の山本彩の心に響く名作「ひといきつきながら」、綾香の「にじいろ」などを録り下しで沖縄カバー!

沖縄アンセムは、「琉球ドライビング」用に録音した鉄板の沖縄アーティスト楽曲「さよならの夏」(きいやま商店)、「沖縄へ行こう」(ちゅらら)、「いちゃりば結」(BEGIN)、「あなたに」(MONGOL800)、「海の声」(桐谷健太)他を、大胆にリミックス!

そしてDJ SASA作品からは大ヒット作「ジブリんちゅ」から「やさしさに包まれたなら」を初収録!冬、春、夏、秋をイメージしたJ-POPカバー(M-22~25)など盛沢山の選曲です。

タイトル:琉球ドライビング5 -GO DRIVING-!!
品番:IMWCD-1064
発売日:2017年6月28日
税込価格:2,000円
形態:CD
収録曲数:27曲

amazon_Logo

<収録曲>

01. INTRO / DJ SASA
02. じょいふる / オリジナル:いきものがかり
03. みんながみんな英雄 / オリジナル:AI
04. 沖縄へ行こう(Remix)/ オリジナル:ちゅらら
05. さよならの夏(Remix)/ オリジナル:きいやま商店
06. にちようび / オリジナル:ジッタリン・ジン
07. にじいろ / オリジナル:絢香
08. てぃんさぐぬ花(Remix) / オリジナル:沖縄民謡
09. ワダツミの木 / オリジナル:元ちとせ
10. 涙そうそう / オリジナル:森山良子/夏川りみ他
11. やさしさに包まれたなら / オリジナル:荒井由実
12. あなたに(Remix) / オリジナル: MONGOL800
13. 黄金の花(Remix) / オリジナル:ネーネーズ
14. 童神 / オリジナル:沖縄民謡
15. 安里屋ユンタ(Remix)/ オリジナル:沖縄民謡
16. ラブリー / オリジナル:小沢健二
17. 海の声(Remix) / オリジナル:桐谷健太
18. いちゃりば結(Remix) /オリジナル: BEGIN
19. ユイユイ(Remix) / オリジナル:山川まゆみ
20. ありがとう(Remix)/オリジナル:りんけんバンド
21. 銀河鉄道999 / オリジナル:ゴダイゴ/EXILE
22. 冬のリヴィエラ / オリジナル:森進一
23. 桜坂 / オリジナル:福山雅治
24. 夏なんです/ オリジナル:はっぴぃえんど
25. 遠く遠く / オリジナル:槇原敬之
26. ひといきつきながら / オリジナル:山本彩(NMB48)
27. OUTRO / DJ SASA


2017

04.25

アイランドミュージックのNo.1レーベル「ISLAND CAFE」が、サンディーとコラボレーション!「ISLAND CAFE meets Sandii The Hula Songs selected by Sandii」4月26日発売!

プリント

フラシーンのレジェンド”サンディー”が、ヴィンテージハワイアンから最新人気フラ曲までをセレクション。ハワイを感じる、究極のTHE BEST OF HULA SONGS!

時代を超えて、たくさんのミュージシャンに歌い継がれていくフラソング。原曲に対してのリスペクトが深いサンディーが、その素晴らしさを多くの人に知ってもらいたいという気持ちを込めてセレクト。

Eddie Kamae & Sons Of Hawaiiの「Morning Dew」、Dennis Kamakahiの「Pua Hone」など、今は亡きハワイアンミュージックの超レジェンドミュージシャンの名曲をはじめ、Hui ‘Ohanaの「Pohai Kealoha」や、Mahi Beamerの「Kimo Hula」など、今や、CDではなかなか手に入らない、ヴィンテージハワイアンの名曲を収録。

また、フラダンサーに根強く愛されているミュージシャン、HAPA、Kealiʻi Reichel、Hoku Zuttermeisterをはじめ、伝統的なフラを描いた初めての長編劇映画「ハウマーナ」に収録のNā Palapalaiの曲、監修に携わったサンディー自身の曲からはエバーグリーンな名曲「Waikiki」「ʻAkaka Falls」、ハワイ語で歌う「浜辺の歌」など全15曲を収録。

タイトル:ISLAND CAFE meets Sandii The Hula Songs selected by Sandii
品番:IMWCD-1063
一般発売日:2017年4月26日
税込価格:2,000円
形態:CD
収録曲数:15曲

amazon_Logo

<収録曲>
01. Kauaʻi Nani Lā / Robi Kahākalau
02. No Luna featuring ʻIwalani Hoʻomanawanui / Kealiʻi Reichel
03. ʻAhulili / Raiatea
04. Pua Kiele / Hōkū Zuttermeister
05. Lei Pīkake / HAPA
06. Waikīkī / Sandii
07. Morning Dew / Eddie Kamae & Sons Of Hawaii
08. Pua Hone / Dennis Kamakahi
09. Kimo Hula / Mahi Beamer
10. Pōhai Kealoha / Hui ʻOhana
11. Ka Lā ʻŌlinolino / Nā Palapalai
12. Haleʻiwa Hula / The De Lima Ohana
13. ʻAkaka Falls / Sandii
14. Pua ʻOlena / The Lim Family
15. Mele O Ke Kahakai (Hamabe No Uta) / Sandii

 

SONY DSC
Sandii(サンディー)

70年代初頭から活動。1980年、細野晴臣プロデュースの初ソロアルバムを日本、イギリスでリリース。その後、「久保田麻琴と夕焼け楽団」を母体にした「サンディー&ザ・サンセッツ」で海外で高い評価を得る。1980年、初ソロアルバム「イーティン・プレジャー」を、日本とイギリスでリリース、世界でも通用するアーティストとして認められる。
1996年からは、自身のバックグラウンドでもある、ハワイアンミュージックを基調としたアルバムをセルフ・プロデュース。フラスタジオ「サンディーズ・フラスタジオ」を設立。フラ・カルチャーの伝導に務める。
2005年には数々の修行が認められ、『ウニキ・クム・フラ(フラの伝統継承者)』の称号を、ハワイの先人達から授かる。

 

 

 

 

 


CATEGORY:

2017

04.19

「HONEY meets ISLAND CAFE」アーティストオーディションのウィナー、Furukawa Sarahの配信限定シングルが発売!

FurukawaSarah_JKT

ビーチライフ・ミュージックのナンバーワンブランド、”HONEY meets ISLAND CAFE”が主催した初のアーティストオーディションの第1次グランプリを受賞した新人シンガーソングライター“Furukawa Sarah”の配信限定シングルが発売!
3月に発売されたHONEY meets ISLAND CAFEの最新作「Best Surf Trip 3」に、マルーン5の名曲「Sunday Morning」のカバーで参加。配信でしか聞けないフルサイズの完全版の発売です。
カップリングは、本人のミニアルバム「Furukawa Sarah」からのアコースティックナンバー「live in love」を収録。日本語による、日常を独特の目線で切り取った世界観にも注目。

タイトル:Sunday Morning
発売日:2017年4月21日
価格:¥300
形態:配信限定

itunes_Logo

apple music

 

FurukawaSarah_photo

Furukawa Sarah プロフィール
幼少期をニューヨーク、ブルックリンで過ごし70〜80年代の洋楽を聴いて育つ。良質な音楽がミュージシャンとしての才能を刺激し2008年から本格的に音楽活動を開始。
アコースティックサウンドがよく似合うキュートかつアーシーな歌声と、生活の一部を切り取ったかのような抒情的な歌詞が独自の世界観に引き寄せる魅力を持つ。
ビーチカルチャーやファッションとも親和性が高く、サーフミュージックシーンでその頭角を現している。2017年「HONEY」のアーティストオーディションを見事勝ち抜きウィナーとなり、「HONEY meets ISLAND CAFE –Best Surf Trip 3-」に新録音「Sunday Morning」のアコースティックカバーで参加。その歌声に注目が集まっている。

Furukawa Sarah オフィシャルWEB SITE
http://www.sarah-music.jp/