LABELレーベル事業

CATEGORY

ARCHIVES

2017

07.15

「HONEY meets ISLAND CAFE -Sea Of Love 2-」7月19日(水)発売!NEW

IMWCD-1066 SeaofLove2_H1

海を愛するシンガー、ミュージシャンが“海への感謝と愛”を込めて集結!

最高のビーチライフをこの音楽とともに。

「HONEY」プロデュースの鎌倉・材木座のサーフクラブ「ZAIMOKU THE TERRACE」オープン1周年を記念して、「HONEY meets ISLAND CAFE」の国内アーティストのコンピレーション「-Sea Of Love 2-」が7月19日に発売!

参加アーティストは、海を感じる音楽を奏でる総勢15組のアーティスト達。
GREENROOM、フジロック他フェスに引っ張りだこの新世代のサーフ感覚溢れるシンガーMichael Kanekoと、ハワイのグラミー賞「ナ・ホク・ハノハノ・アワード」を受賞したウクレレ・プレイヤー名渡山遼とのコラボレーションによるイーグルス「Best Of My Love」のアコースティック・カバーはこのアルバムでしか聴けないスペシャル・トラック。

ロキシー・ガールでもあるサーフ系シンガーLisa Halimによるスピッツの名曲「渚」のアコースティック・カバーもこのアルバムのために録り下した極上のエクスクルーシブ音源。

日本のサーフ系J-POPのレジェンド杏里の名作「砂浜」のセルフカバーバージョン、世界的にも評価の高いJazzシンガーEmi Meyer、HONEYシンガーオーディションのウィナーFurukawa Sarahなど、海を感じる女性アーティスト作品も充実。

そして90年代を代表するシンガーbirdの傑作「約束」、Port Of Notesのアコースティック・ソウル「Sailing To Your Love」、さらに今回はLotus Land、BLU-SWING、13soulsなど新世代の実力派クラブ/ジャズ系アーティストの作品や、Kenichiro Nishihara、Ovall、vusik、Drian feat.G Rinaといった感度の高い新世代アーティストの音源、メジャーデビューも果たした石垣島出身のトレモノの最新音源もセレクト。
J-POP、アコースティック、サーフ、ジャズ、ソウル、エレクトロニカなど、様々なジャンルのアーティストが「海」をキーワードに心地よく同居する至極の一枚です。

タイトル:HONEY meets ISLAND CAFE -Sea Of Love 2-
一般発売日:2017年7月19日
税込価格:2,000円
形態:CD、配信
収録曲数:15曲

amazon_Logo

01. Best Of My Love (Original by Eagles) / Michael Kaneko & 名渡山遼
02. 渚(original by Spitz)/ Lisa Halim
03. live in love / Furukawa Sarah
04. Room Blue / Emi Meyer
05. 波打ち際のメロディ / トレモノ
06. BRAND NEW OCEANS / 13souls
07. Bamboo Grass / Lotus Land
08. Dawn / Ovall
09. Yellow Summer / Kenichiro Nishihara
10. squall / vusik
11. Sailing To Your Love / Port Of Notes
12. 約束 / bird
13. Sunset / BLU-SWING
14. Natsu no Owari / Dorian feat. G. Rina
15. 砂浜 / 杏里

 

ZAIMOKU THE TERRACE

ZAIMOKU THE TERRACE
HONEYプロデュースで2016年7月にオープンした「材木座テラス」。“1日中ビーチライフを楽しめる空間”のコンセプト通り、アクティビティからショッピング、グルメ、パーティ、ビーチウェディングで人気のスポットに。
昨年のオープンを記念して発売し、大好評のCD「HONEY meets ISLAND CAFÉ -Sea Of Love-」に続いてのファースト・アニバーサリーを記念した作品、それが「HONEY meets ISLAND CAFE -Sea Of Love 2-」です。


 

MichaelKaneko RyoNatoyama

Michael Kaneko & 名渡山遼
湘南生まれ、南カリフォルニア育ちで作詞・作曲・編曲・歌・演奏まで全てをこなすシンガーソングライターMichael Kanekoと、ハワイのグラミー賞「ナ・ホク・ハノハノ・アワード」を受賞したウクレレ・プレイヤー名渡山遼が初のコラボレーション!
GREENROOM、フジロック他フェスに引っ張りだこの新世代のサーフ感覚溢れるMichael Kanekoの歌声と新世代ウクレレを奏でる名渡山遼によるイーグルス「Best Of My Love」のアコースティック・カバーはこのアルバムでしか聴けない必聴のスペシャル・トラック。
Michael Kanko http://michaelkaneko.com/
名渡山遼 http://ryonatoyama.com/


 

Lisa Halim_2016

Lisa Halim
インドネシア人の父と日本人の母を持つシンガーソングライター。
昨年発売の「HONEY meets ISLAND CAFÉ -Sea Of Love-」でもジョニ・ミッチェル「Big Yellow Taxi」の極上のカバーを披露してくれた彼女が、スピッツの名曲「渚」をアコースティック・カバー。
ビーチカルチャーを愛するアクティブなライフスタイルにも注目が集まっている。

http://www.lisahalim.net/


 

FurukawaSarah_photoFurukawa Sarah
2017年「HONEY」のアーティストオーディションを見事勝ち抜きウィナーとなり、「HONEY meets ISLAND CAFE –Best Surf Trip 3-」に新録音「Sunday Morning」のアコースティックカバーで参加したシンガーソングライター。今回は彼女のミニアルバムから海を感じる「Live in love」を収録。アコースティックサウンドがよく似合うキュートかつアーシーな歌声と、生活の一部を切り取ったかのような抒情的な歌詞が独自の世界観に引き寄せる魅力を持つ。
http://www.sarah-music.jp/


 

EmiMeyerAshaEmi Meyer
日米を拠点にその活躍がワールドワイドに及ぶシンガー・ソングライターEmi Meyerの、iTunes Jazzチャートの1位にも輝いたデビューアルバム「キュリアス・クリーチャー」から「Room Blue」をセレクト。
第1弾「HONEY meets ISLAND CAFE -Sea Of Love-」に続いての収録。
http://emimeyer.jp/


 

OvallOvall(オーバル)
トラックメーカー/ ベーシストShingo Suzuki によるバンドプロジェクト。同じくトラックメーカーとしても話題のドラマーmabanua、“vusik” としても活動するギタリスト 関口シンゴという3 人のプレイヤーを中心に活動。
サンプリングと生演奏のシームレスな融合で織り成す野太いグルーヴにカラフルなサウンドスパイスがブレンドされ浮かび上がるユニークな音像は聴く者を別次元へと誘う。緊張感とピースフルな空気が共存するパフォーマンスでFUJI ROCK、GREEN ROOM、SUN SET LIVE、RINSING SUN他、フェスでの圧倒的な存在感も示した。現在はメンバー個々のソロ活動に集中するため活動休止中だがその復活を待たれている。
http://ovall.net/


 

Anri杏里 anri
「海」を感じるアーティストの代表と言えば杏里。「HONEY」読者もそうじゃない人も夏の音楽と言えば思う浮かべるのがまず彼女だろう。今回はZAIMOKU THE TERRACEのアニバーサリー記念ということで、特別に彼女の音源を提供してくれた。ファンの間でも人気の高い名曲「砂浜」のセルフカバーバージョンを収録。
7月12日には初のスタジオライブアルバム「FUN TIME」が発売された。

http://anri-music.com/


 

shingosekiguchi_vusikvusik
ギタリスト、コンポーザー、プロデューサー関口シンゴによるソロプロジェクトvusik。
ジャズ、ソウル、ロック、ポップスなどを独自のセンスで解釈した音作りが世界中から賞賛される彼のソロプロジェクトのアルバム「silent rain, silent sea」から、クールかつどこか懐かしいジャジーなインストナンバー「squall」をセレクト。夏の海と突然の心地よい雨が連想される秀逸なトラック。
関口シンゴ   http://shingosekiguchi.com/


 

toremono

トレモノ
2009 年結成。石垣島出身の木田龍良(Vo&Gt / 30 歳)、狩俣匠吾(Dr / 30 歳)、仲間全慶(Ba / 27 歳) と、西表島出身の難波良(Gt / 33 歳) の4人による。ソウル・ファンク・レゲエ・ラテン・サーフと様々なジャンルを、南国育ちの感性でチャンプルーしたトロピカルなサウンドが特徴なアイランド・ポップバンド。
昨年に続いての収録曲は、7月5日にリリースされたメジャーデビューアルバム「island island」からのセレクト。夏の海にぴったりのミディアムチューン。
http://toremono.com


 

bird

bird
グルーヴィな歌声と独創性に満ちた楽曲で、ジャンルを選ばず音楽ファンを魅了するシンガー&ソング・ライター。大沢伸一/MONDO GROSSO主宰レーベルより「SOULS」で1999年デビュー、1stアルバム「bird」は70万枚突破した。伸びやかな歌声を武器に、ジャンルの垣根を越えて活躍するその姿勢は、ライブも含め音楽ファンから高い評価を得ている。現在ジャンル関係なく各種野外FES、イベントに出演中。昨年発売の「HONEY meets ISLAND CAFE -Sea Of Love -」ではタイトル曲も新たにレコーディングして参加した。
http://www.bird-watch.net/


 

BLU-SWING
サウンドクリエーター、ボーカリスト、プレイヤーを含む5人組のバンドBLU-SWINGは、2008年のデビュー以来、クラブ/ジャズシーンのトップを走り続けるバンドである。CLUBJAZZ、CITY POP、HIP-HOPなどジャンルを超えた極上のサウンドをグローバルに届けている。
http://blu-swing.com/home.html


Lotus Land
2013年結成。Key / Ba / Drの3人編成よるインストバンド。Nu Disco / Nu Jazz / House / Funkなど様々なジャンルのエッセンスを取り入れ独自のサウンドに昇華するサウンドスタイルで多くのサウンドフリークを魅了し、インストゥルメンタルの可能性を押し上げるポテンシャルを秘めたバンドである。2017年9月にはメジャーデビューも控えている。
http://lotusland-discopia.com/


Kenichiro Nishihara 
2008年にリリースした1stアルバム『Humming Jazz』が、異例のヒットを記録。
Billboard JAPAN Jazz Artist of the Year 2009/優秀ジャズアーティスト賞にノミネートされる等、一躍シーンの中心に登場したKenichiro Nishihara。
その作品と活動は日本のみならず、海外でも高い評価を得ている。ダンスミュージック、JAZZ、Hip Hopの次世代をクリエイトする最重要アーティストの、「Yellow Summer」をセレクト。
http://unprivate.jp/archives/kenichiro-nishihara


Dorian feat G.Rina
オールインワン・グルーヴマシンを駆使したライヴ、アーバン・ダンス・ミュージックで支持を集めるアーティストDrian。これまで3枚のオリジナルアルバムの発表。近年はDorian Quiet Sessionとして複数人でのライブやDJ、浅野達彦とのライブや藤井洋平のサポートキーボードなど形態も様々。
七尾旅人、やけのはら、TOWA TEI、一十三十一、VIDEOTAPEMUSIC、ZEN-LA-ROCKらの作品への参加や様々なアーティストのリミックスや楽曲提供、TVCM、など多数手がけている。
今作には2010年発売のアルバム「Melodies Memories」からG.RINAとのコラボレーションをチョイス。
http://1fct.net/artists/dorian#!HOME


Port Of Notes
畠山美由紀(ヴォーカル)と小島大介(ギター)のユニットPort Of Notes。90~2000年代の高感度な音楽シーンを文字通りリードしたユニットの、birdをフィーチャーした海を感じる名作「Sailing To Your love」をセレクト。


HONEY  http://honey-mag.jp/