LABELレーベル事業

CATEGORY

ARCHIVES

2021

08.27

ベースとバイオリンの二人によるデュオ「Otoji+Ray」の作品が毎週連続にてサブスク配信リリース。 バルカン、ジプシー、フォークロア、クラシックが混在する旅とシネマの音楽体験を。NEW

Otoji+Rayは、ベースのOtojiとバイオリンのRayによる二人組の演奏デュオ。
2009年、ドキュメンタリーフィルム「バルカンへ~From Tokyo to the Morava river」のサウンドトラックを担当したことをきっかけに、バルカン半島のジプシー音楽に傾倒。
オールドジャズ、クラシック、民謡、エレクトリックといった元来の音楽性に、バルカンを中心とした「ジプシー」音楽を融合させ、幻想的な音世界を作り出すインスト・ユニット。

それぞれの曲の世界観が映像として浮き出るような視覚的音楽アルバム「a picture」。
クラシカルなチルアウトからトリップホップ、ジャズ、ロックなナンバーまでジャンルを超えて表現。
エフェクトやルーパーを駆使したストリングスアレンジを、ビートや歌詞を添えて形にしたオリジナル作品。

デジタル配信はこちら

<収録曲>
01. Balkan’s note
02. o.b.a #1 (Lyrics by Gen Nagashima)
03. Dokuro kun
04. Little wing
05. Shofar
06. Pipeline
07. 春
08. D’rays
09. Plava sava spava (Lyrics by Bekim Sejranovic)
10. CLEAR
11. Kokyo

タイトル:a picture
アーティスト:Otoji + Ray
Music:Otoji + Ray

配信スタート日:2021年8月27日 (金)
形態:デジタル配信
収録曲数:11曲


■ 8月20日 配信スタート

Dokuro kun
影絵師Sakuraのドクロのキャラクター“ドクロクン”のトラックとして制作したインストゥルメンタル。
コミカルかつファンキー、ダンサブルに表現。ベースボディリズムにファンクなライン、5弦バイオリンのルーパーやエフェクターを駆使し、Duoの音域を超えた人気曲。

デジタル配信はこちら

タイトル:Dokuro kun
Music:Otoji + Ray

配信スタート日:2021年8月20日 (金)
形態:デジタル配信
収録曲数:1曲


■ 8月13日 配信スタート

Little wing
2014年公開、堀口正樹監督映画「ショートホープ」のエンディングソング「Little wing」。
ジプシーの名を持つ母を亡くし、まだ見ぬ父を探す少年の生き様。
ベースボディリズムのハートビートに美しいストリングスが構築され、少年の生きる力と未来への希望を表現したインストゥルメンタル。

デジタル配信はこちら 

タイトル:Little wing
Music:Otoji + Ray

配信スタート日:2021年8月13日 (金)
形態:デジタル配信
収録曲数:1曲


■ 8月6日 配信スタート

Balkan’s note
楽曲の世界感が映像として浮き出るような視覚的音楽アルバム「a Picture」からのシングル・カット「Balkan‘s note」。
ドキュメンタリー映画「バルカンへ」のサウンドトラック制作から始まった、バルカン半島への思い。いつか旅に行ってみたい冒険の気持ちと、パワフルで美しい生き様の人々を表現したインストゥルメンタル。

デジタル配信はこちら

タイトル:Balkan’s note
Music:Otoji + Ray

配信スタート日:2021年8月6日 (金)
形態:デジタル配信
収録曲数:1曲


■ 7月30日 配信スタート

Sound track of film “from Tokyo to the Morava river”
寺岡黙監督作品ドキュメンタリーフィルム「バルカンへ ~From Tokyo to the Morava river」のサウンドトラック。
2009年、寺岡監督が編集した映像を受け取り衝撃を受けた。
そこには、全く無知の世界であったバルカン半島という、混沌とした土地に生きる人々の生活があり、どこか懐かしさを感じる民謡やジプシー音楽で溢れ、多様な宗教が絡み合っていた。
そんなバルカン半島にインスピレーションを受けたテーマソング「Sunset of Sava river」を始め、国や宗教にかかわらず多くの人々が馴染みのあるトラディショナル曲「Jovano Jovanke」等、Otoji+Rayの作曲概念に、大きく影響を与えた作品となっている。

デジタル配信はこちら

<収録曲>
01. Opening
02. OJ-GORO
03. Boat trip
04. Adriatic
05. O.B.A
06. Sunset of Sava river
07. Jovano Jovanke
08. Balkan’s note 「Where are your Roots? 」
アーティスト:Otoji + Ray
タイトル:Sound track of film “from Tokyo to the Morava river”
配信スタート日:2021年7月30日 (金)
形態:デジタル配信
収録曲数:8曲

■ 7月23日 配信スタート

Balkan’s note 「Where are your Roots? 」
サウンドトラック制作の過程において、バルカン半島への興味、いつか自分達もバルカン半島へ旅に行ってみたい冒険心と、パワフルで美しいバルカンの人々の生き様を表現し、「バルカンへ」の映画で登場する人々の感慨深いセリフである「Where are your roots?」と問いかける、全ての人々が忘れてはいけない想いをフィーチャーしたメッセージ・ソング。

デジタル配信はこちら

タイトル:Balkan’s note 「Where are your Roots? 」
Music: Otoji + Ray

配信スタート日:2021年7月23日 (金)
形態:デジタル配信
収録曲数:1曲


■ 7月16日 配信スタート

Sunset of Sava river
混沌のバルカン半島での旅を通して描かれた主人公べキムの心情とバルカンの歴史が交差するサヴァ川での美しい夕日が映し出された情景を表現したインストゥルメンタル。

デジタル配信はこちら 

タイトル:Sunset of Sava river
Music: Otoji + Ray
Double bass : Otoji , Violin, Pf : Ray

配信スタート日:2021年7月16日 (金)
形態:デジタル配信
収録曲数:1曲


■ 7月9日 配信スタート

CLEAR
べースのハーモニクスの倍音、揺らぐ時間軸を表現したバイオリンのメロディによって、混沌から抜けていく様と水のように透き通っていく思考を表現したサウンドは弦楽奏の垣根を越えて新たな世界観を生み出す。

デジタル配信はこちら 

タイトル:CLEAR
Music:Otoji + Ray
Double bass:Otoji , Violin : Ray

配信スタート日:2021年7月9日 (金)
形態:デジタル配信
収録曲数:1曲


Otoji+Ray 
ベース“Otoji”とバイオリン“Ray”の Duo 「Otoji + Ray」。
オールドジャズ・クラシック・ ジプシー音楽・民謡・エレクトリック等、映像音楽作曲を通して、オリジナルな弦楽奏の世界観を生み出す。
シンプルな編成を生かし、様々なジャンルのミュージシャン、ダンサーとの共演をしている。 09’ Film「バルカンへ~From Tokyo to the Morava river」サウンドトラック制作において、バルカン半 島の民謡とジプシー音楽にのめり込み、16’~毎年バルカン半島ツアー、及び各国のアーティストとの共演を開始。その音楽性は成長し、膨らみ続ける。

映像音楽作品歴
寺岡黙監督作ドキュメンタリー映画「バルカンへ~From Tokyo to the moravariver」(2009)
[地球最古の恐竜展]ショートムービー及び館内CM (2010)
影絵師SAKURAの影絵物語「皇帝とナイチンゲール」(2012)
堀口正樹監督作品映画「ショートホープ」(2014)
バルカン半島ツアー開始(2016~)
トルコBabazulaとのライブゲスト出演開始 (2016)
バルカンジプシー音楽、民謡をベースにアレンジ楽曲を演奏する 『Tokyo Romany』 結成;Tanehiko (violin), Takseema(Darbuka) Bellydancer Nourahとのステージにより、様々なイベントに出演 (2019~)

オフィシャルサイト

 

 

CATEGORY: